ページ

2010-12-26

Express と Expresso を使う際の注意点

12/26 現在 npm でリリースされている Express 1.0.0 と Expresso 0.7.0 を使う際の注意点です。

1つ目

コマンドラインで自動生成されるテストコードにバグがあります。

Express では、
$ mkdir foo
$ express foo
で、プロジェクトを自動生成できます。 /test に app.test.js というテストコードがあります。これは Expresso 用のテストコードですが、いまの Expresso では動きません。そこでテストコードを以下のように修正します。

修正その1

※ ちなみに このエクステンション を使うと gist の diff がとれます。便利すぎるのでおすすめです。

これでルートディレクトリから
$ expresso
を実行すると、テストが走ります。Github のコードは修正されているので、もうしばらく待っていたら解消すると思います。



2つ目

Expresso では -c でカバレッジを取ることができますが、 /lib 配下のコードにしか対応していません。そこで /lib をつくって app.js を移動します。

$ mkdir lib
$ mv app.js lib
外部ファイルのパスを修正します。


テストコードのパスも修正します。

修正その3

テストは expresso の引数でライブラリのパスを指定して実行します。

$ expresso -I lib -c

これでカバレッジも取れるようになりました。

最終的なソースコードはこうなっています。


以上、 Express と Expresso を使う際のちょっとした注意点でした。

Happy Noding!


0 件のコメント:

コメントを投稿

  • HOME
  • ABOUT
このページの先頭へ