ページ

2012-07-19

「東京Node学園祭 2012」セッションスポンサーについて

先日開始いたしました、「東京Node学園祭 2012」のスポンサー公募につきまして、既にいくつかお問い合わせを頂いております。ありがとうございます。

お問い合わせの中で、「セッション枠」をもらえないかというご要望をいくつか頂きましたので、これについてこの場でご回答差し上げます。

まず大前提としまして、「東京Node学園祭」はコミュニティ主体のカンファレンスです。当然のことながら、特定の企業の色が強くなりすぎることは避けたい、というのが我々の共通認識です。

しかしながら、このカンファレンスを継続していくためにお金が必要なのもまた事実です。そのため、去年はスポンサー様に「お金を出すだけの価値がある」イベントだと認識していただくために、セッション枠やランチLTを設けるなどお話をして頂く時間を積極的に設定させていただきました。その結果、去年の感想では「(特定のというわけではないが)企業色が強い」という我々としては望ましくない感想がいくつか聞かれました。

今年はその反省に立ち返り、企業色を薄めるために「スポンサーセッション」を1つに絞り、かつ、その1つのスポンサーセッションを担って頂くのは、Nodeに深くコミットしている会社にお願いしたい、という結論に至りました。

そこでこの「セッション枠」付きのスポンサーシップについても公募を開始いたします(Platinumプランとします)。1枠限定ですので、セッションでお話頂ける内容やスポンサーシップの特典についても慎重に交渉した上で決定したいと考えております。ご応募いただいたからといって必ずしもご期待に添えるとは限りませんのでその点はご承知おきください。

よろしくお願いいたします。

1 件のコメント:

  • HOME
  • ABOUT
このページの先頭へ